L-FABPの有効性

【AKI】造影剤腎症の発症予測に

造造影剤腎症を発症した症例のL-FABPの変動

造影剤腎症を発症した症例のL-FABPの変動
(文献[1]内、Nakamura, T. et al., Am J Kidney Dis. 47(3), 2006.内Table2より改変)

方法:

心臓カテーテル術を受けた成人66例に対し、冠動脈造影前後の尿中L-FABPを測定しCIN群、非CIN群の尿中L-FABPの変動を比較した。
※AKI患者、末期腎不全患者などは対象から除く

結果考察:

造影剤投与前から尿中L-FABPが高い患者では造影剤腎症の発症リスクが高く、造影剤腎症を発症した患者では24時間後の尿中L-FABPが有意に上昇した。 造影剤投与前に尿中L-FABPを測定することは、造影剤腎症の発症予測に有用である。

半定量スコアはELISA定量値を精度よく反映

※:スコア一致率≧90%

半定量スコアはELISA定量値を精度よく反映
(シミックホールディングス(株)社内データ)

◆迅速測定が可能であることから、急性腎障害が確立されていない、敗血症または多臓器不全等の患者に対し、治療転帰を含めた重症化リスクを判別することができ、血液浄化療法などの適応判断に利用できる可能性がある。

DATA

対 象
CKD外来患者 106例、ICU入院患者 29例
方 法
上記症例に対し、尿中L-FABPの半定量スコアを判定。また、尿中L-FABPを測定した。その結果、尿中L-FABP値はスコアに応じ有意な増加を示した。

参考文献

[1] Nakamura, T. et al., Urinary excretion of liver-type fatty acid-binding protein in contrast medium-induced nephropathy. Am J Kidney Dis. 47(3), 2006. PubMed

保険算定上の主な対象と有用性

『中医協 総会(第194回)議事次第 臨床検査の保険適用について』
より引用

測定内容 尿中L-FABPの測定(尿細管機能障害を伴う腎疾患の診断の補助)
主な対象 急性腎障害が確立されていない、薬剤性腎障害、敗血症または多臓器不全等の患者
有用性 急性腎障害が確立されていない、敗血症または多臓器不全等の患者に対し、治療転機を含めた重症化リスクを判別することで、血液浄化療法などの適応判断に利用可能性がある。
留意事項 原則として3カ月に1回限りの算定であるが、医学的な必要からそれ以上算定する場合
「(造影剤投与前後の)尿細管障害を連続してモニタリングする必要があるため」
「急性腎障害の重症化リスクの判定」など詳細な理由を診療報酬明細書の摘要欄へご記入下さい。

動物用L-FABP測定キット

尿中L-FABP をサンドイッチ法で比色定量するELISAキットです。対象動物:ラット、イヌ、ネコ、サル、ブタ。

L-FABP情報サイト
メールマガジン[医療者向け]

診断を中心とした腎疾患に関する最新情報を、定期的にお届けします。

レナプロ® L-FABPテスト
POCの使い方

このページの
TOPへ ▲
TOPページへ ▶