展示会・講演会

第55回日本糖尿病学会年次学術集会
モーニングセミナー(MS)4

学会名:
第55回日本糖尿病学会年次学術集会 モーニングセミナー(MS) 4
日 時:
2012年5月19日(土) 7:30~8:20
会 場:
パシフィコ横浜 第4A会場(会議センター3F 303)
座 長:
守屋 達美 先生 北里大学医学部 内分泌代謝内科学
演 者:
木村 健二郎 先生 聖マリアンナ医科大学 腎臓・高血圧内科
演題(テーマ):
糖尿病性腎症の疾病管理~新しいバイオマーカー L-FABPの可能性~L型脂肪酸結合蛋白(L-FABP)

糖尿病性腎症は透析導入の原疾患で最も多く、その進展予防は喫緊の課題です。平成24年度より<糖尿病透析予防指導管理料>が新設され、糖尿病性腎症の疾病管理は注目を集めています。

本セミナーでは、昨年の8月に保険収載された日本発の新しいバイオマーカー L-FABPと糖尿病性腎症のコントロールについて解説いたします。

◀ 戻る

動物用L-FABP測定キット

尿中L-FABP をサンドイッチ法で比色定量するELISAキットです。対象動物:ラット、イヌ、ネコ、サル、ブタ。
割引キャンペーンのお知らせ
3月1日(金)~5月31日(金)まで

※対象商品:
【ラット】Rat L-FABP ELISA Kit
【サル】Primate L-FABP ELISA Kit

L-FABP情報サイト
メールマガジン[医療者向け]

診断を中心とした腎疾患に関する最新情報を、定期的にお届けします。

このページの
TOPへ ▲
TOPページへ ▶